PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS NEWS

ANNOUNCEMENTS

PUBG JAPAN CHAMPIONSHIP 2017 by DMM GAMES SQUAD予選大会で発生していた問題について

2017.10.18

PUBG JAPAN CHAMPIONSHIP 2017 by DMM GAMES SQUAD予選大会で発生していた問題について

『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』運営チームです。

SQUAD予選に参加していただき誠にありがとうございました。
また皆様に大会運営にご協力頂きましたおかげでSQUAD予選の全試合を終了することが出来ました。
運営チーム一同 感謝申し上げます。

 

14日に引き続き15日においてもサーバートラブルなどが発生し、選手の皆様には大変ご迷惑をお掛けしてしまい申し訳ありませんでした。
またインターネット上で流布されております内容について運営チームが認識している実際の内容を時系列順にご説明いたします。

 

■15日に発生していたトラブルと運営チームによる対応などについて。


11:33 ゲームルールの3を改正したことを大会チャットでアナウンスしました。
      14日に発生していた問題に関してご報告させて頂きました。
12:30 試合結果に関する異議申し立てが増加した為、新たにチャンネルを追加し別途対応することに致しました。
14:19 Bluehole INC. からの要請によりゲームルール3を再度改訂したことを大会チャットでアナウンスしました。
14:10 14日の反省を踏まえてサーバー接続エラー回避と選手との連絡フロー改善のために注意事項をアナウンスしました。
14:53 PJCD2001とPJCD2002においてオブザーバーが誤ってサーバーを重複して構築した為、再構築し再接続するようにアナウンスしました。
15:00 チームに振り分けたスロット番号が分かりにくいというご指摘を頂きましたので新たにサーバー分けリストを作成し公開しました。
      サーバーをロック時刻の前後で、サーバーの問題で選手とオブザーバーが見ている画面の情報が異なる問題を昨日に引き続き確認しBluehole INC. に共有しました 。
    スケジュール通りの試合進行と混乱を避けるため、オブザーバーの管理している画面情報を正しい情報として全ての裁定を進める事を大会チャットでアナウンスしました。
15:05 PJCD2001においてオブザーバー側でReconnectエラーが表示。サーバー再構築と試合開始時刻を10分遅らせる事をアナウンスしました。
15:07 PJCD2001においてサーバーの再構築をアナウンスしました。 
15:39 PJCD2002において本来正規のスロットに接続されているにも関わらず、運営スタッフの手違いにより誤ってキックしてしまった事を確認したため、再試合を判断し、全体にアナウンス致しました。
17:00 freetalkチャンネルに本大会に関係のない画像などが頻繁に投稿されている事を確認した為閉鎖致しました。
18:05 大会チャットの荒らし行為について警告をアナウンスしました。
      サーバーをロックした際に、選手の接続が切断されてしまう問題に関してその原因を特定し、Bluehole INC.にも共有しました。
      その上で試合開始時刻を厳守しロック解除を行わない事をアナウンスしました。
18:34 各サーバーチャンネルにておいて改めてサーバーロック時の切断問題と、それに伴う運営チームの判断をアナウンスしました。
19:12 PJCD2002においてサーバー動作が遅くなっていることを確認しました。
19:13 PJCD2002においてオブザーバー/サーバーがクラッシュすることが懸念される為、サーバーを再起動することをアナウンスしました。
19:14 PJCD2002においてサーバー再構築後再接続して頂くようアナウンスしました。
19:15 PJCD2002においてサーバー再構築したことをアナウンスしました。
19:17 PJCD2002においてサーバーの状態を考慮して25分より試合を開始することをアナウンスしました。
19:19 PJCD2002においてロック時間の変更を行わないことをアナウンスしました。
20:20 SQUAD予選の全試合を終了しスコア集計を開始し、スコアボードの不具合でスコアが変更になることと異議申し立て期間を設ける事をアナウンスしました。
    スコアボードの不具合について対象となるサーバーとラウンドを公開し、異議申し立ての締め切りを公開しました。

 

■お客様から頂戴した各項目へのご説明


●大会接続案内メールがリザーブ選手に届かなかった件について
大会出場が決定したチームへは10月12日に一度メールを送信し、公式サイトでも告知させて頂いております。別途接続情報のご案内メールは10月13日に弊社のメールシステムを使用し、リザーブを除く全選手に配信致しました。全選手に送信させて頂いたメールには個別に「サーバー名」「サーバーパスワード」「スロット名」を記載しているため、どの選手と交代するか運営チームで判断出来ないリザーブ選手へは送っておりません。また基本的にリザーブ選手は所属チームの一員であると認識しており、大会当日に参加予定選手が音信不通になるなどで接続情報が入手出来ない場合などは、運営チームは個別に関与出来ない問題とし、大会チャットで該当リザーブ選手に接続情報をご案内させて頂きました。メールシステムのログ上では636人の内2人は送信出来なかった事を確認しており、大会チャットなどで対応致しました。システムログ上で送信が完了された時点で、運営チームでは全ての該当者にメールによる連絡を行ったと判断しました。


10月13日22:13、公式Twitter上で選手の皆様にメールを送信したことを告知致しました。(https://twitter.com/PUBG_DMM/status/918826952621899776)また同時にメンバーズページ(http://pubg.dmm.com/news/detail/2287)も更新し、注意事項に選手へメールが送信されたこと、届いていない場合はお問い合わせ窓口から連絡することを記載しておりました。お問い合わせ窓口にご連絡があった際は大会チャットの接続先を伝え、大会チャット内で個別に接続先情報をご案内させて頂きました。

 

●再試合ルールの適用条件について
大会において運営チームが再試合を実施する判断について大会ルールには以下のように記載しておりました。

*****************************************
12.途中で試合サーバーから切断された場合
Round開始前、試合サーバーへロックがかけられた後、運営スタッフによりゲームが開始された場合は、選手のクライアントがクラッシュするなどサーバーから切断されていても、
試合の中断や再試合を行わず原則的にそのまま試合が進行され最低限のポイントを獲得します。
12-1.Round開始前、試合サーバーへロックがかけられた後、サーバーがクラッシュした場合は運営スタッフの判断で再試合とすることが出来ます。
*****************************************

当ルールは10月14日に下記の部分をBluehole INC. と協議して修正致しました。

・10月13日まで
 >試合の中断や再試合を行わず原則的にそのまま試合が進行され最低限のポイントを獲得します。

・10月14日から
 >試合の中断や再試合を行わず原則的にそのまま試合が進行され0点として計算致します。

これはスコア計算時に、試合終了後に表示されるスコアボードを正しい情報として処理し、試合に参加していない選手は全て0点として対応するために改訂させて頂きました。スコア処理を正しく実施するためでしたが、試合当日に変更したことで選手の皆様には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

 

●再試合が適用された試合について
今大会では数回の再試合を行いましたが再試合の判断は以下の通りです。

・運営チームの手違いで誤って出場選手をキックしたまま試合を開始してしまった。
 この件につきましては大会チャットでお詫びし運営チームの判断で再試合することにしました。

・試合開始後に試合サーバー自体がクラッシュし全選手がサーバーから切断されてしまった。
 この件につきましては大会ルールに則り再試合することにしました。

・試合開始後に試合結果を確認するオブザーバーがクライアントクラッシュまたは切断されてしまった場合。
 この件につきましてはオブザーバーが切断された場合、試合結果を確認出来ないため運営チームの判断で再試合することにしました。

なお14日のSOLO予選の際、選手へ再試合などのご連絡通知が不十分だった反省点を踏まえて15日のSQUAD予選では試合開始後に実際に試合がライブ状態なのかを大会チャットで告知し、選手にも必ず確認して頂くフローを設けたました。

 

●サーバーに時間までに接続しているにも関わらず、オブザーバーからキックされて試合出場を認められなかった際、再試合を行わなかった経緯について
運営チーム一同、出来る限り多く選手の皆様にマッチへ参加して頂きたいと考えておりましたが、今回はオブザーバーの管理している画面での表示を"正"の表示として対応致しました。しかしながら、選手から試合開始時点で自チームが4名揃っている様に見えたり、他のチームが4名揃っていなかった様に見えたりしていた事が原因で、運営チームとお客様の認識に相違が発生してしまいました。選手がご覧になられている画面と、オブザーバーが監視しているサーバー画面の情報が異なる問題についてはBluehole INC.にも共有しており、まだテスト段階であるカスタムサーバーの不具合だと報告を受けております。その上で、14日の反省を踏まえて試合開始時刻の5分前にリフレッシュボタンを押して頂き、クライアント側で正しくサーバーに接続されているかご確認いただくよう、各種アナウンスを実施致しましたが、根本的な解決には至らなかった認識です。個々の選手に発生している同期エラー問題を個別に確認して対応することは、技術的に難しく、その後のスケジュールにも大きな支障をきたす為、再試合実施の定義を満たさないものにつきましては試合をそのまま実施致しました。

 

●プレイヤー側に表示されている生存者と、スコアボードなどで表示されている順位が異なる問題について
この件につきましては既にBluehole INC.にも共有しており調査の結果、SOLOモードで試合中に何らかの理由でサーバーから離脱し、ゲームの機能を利用してサーバーに復帰した際、サーバー側では離脱した時点で順位をつける処理がされてしまい、サーバーに復帰して正常にプレイしても、一旦サーバー側で処理された順位がクライアントと同期されないことが原因である可能性が高い事が分かりました。実際に、SQUADでは離脱以外のプレイヤーが持っている順位がそのまま反映されるため同様の問題は発生しませんでした。このトラブルにより全ての試合のリプレイを再確認しスコアを再集計したため、本来公開する予定だった時刻を大幅に遅れてしまいました。

またこのエラーの結果下記サーバーのラウンドで発生しているのが確認されたため、運営チームで調査し正しい数値を反映致しました。
・PJCD1004 ラウンド1
・PJCD1007 ラウンド1
・PJCD1008 ラウンド2

またこの問題はオブザーバー側では発生状態を確認することが出来ず、全て各選手からの自己申告制と致しました。その上で申告用の大会チャンネルを別途設けて、情報収集に当たるように致しました。正しい数値を反映した結果該当のサーバーでプレイしていた選手のランキングに変更が加えられたため、一部選手においてご自身で集計されたポイントと発表されたポイントが異なる結果となりました。

 

●サーバー設定の誤りについて
本来設定されていたパスワードやリージョン設定のミスは全て運営チームの準備不足と不手際によるものです。
22日の決勝戦ではこのようなことのないよう、運営チーム体制を強固にしてまいります。

 

●特定のチームや選手に対して通常と異なる対応をしているとされた件について
・当大会にプロチームが参加して頂いていることは運営チームでも把握しておりますが、全ての選手に同じ対応を行っております。現に何名かのプロチーム所属の選手に関しては、オブザーバーからチェックインを認められなかった場合、そのまま0ポイントで処理致しました。また再試合を要望するチームや選手もいらっしゃいましたが、再試合実施の定義を満たさないものにつきましては、再試合は実施しておりません。

なお、運営チームが大会申請時に特定のチームを出場させるために他のチームの申請を無効としたというご意見も頂戴しましたが、そのような事実は一切ございません。登録選手の変更につきましては10月9日(月)23:59に締め切っており、以降はメンバーズページのお知らせとお問い合せ窓口で登録情報の確認など個別にご連絡を差し上げて対応させていただきました。その上で運営チームの不手際により参加申請が滞っていたチームに関しては、期日までにご返信頂くことで対応する旨をチーム代表者様へご案内致しましたが、
期限までにご確認いただけてない場合については運営チームから参加取消対応をさせて頂きました。

 

●VACBANされているプレイヤーについて
運営チームでは他プラットフォームのアカウントとゲームキャラクターデータを照合したり、過去のプレイ履歴などを調べる事は難しく、ゲームアカウントの制裁権限はBluehole INC.が所有しているためアカウントの処分についてはBluehole INC.に委ねております。また運営チームへお問い合わせ頂いた内容につきましてはBluehole INC.へ共有させて頂きますが、ゲーム内ルールと同様個別に対処内容についてご連絡することは致しかねます。

 

●大会チャット上のフリートークチャンネル削除、及び一部ユーザーの投稿制限について
大会チャットではそれぞれ目的別にいくつかのチャンネルをご用意させて頂きました。大会期間中には選手の皆様からご指摘いただき更にチャンネルを増やして対応フローを改善し選手対応出来るように致しましたが、各チャンネルで試合に関係のない内容や画像を投稿されているお客様につきましては、他の選手の迷惑にもなるためチャットからBANする警告を行いましたなお、実際に公序良俗に反する画像や肖像権に関わる画像をアップロードしているお客様につきましては一時的に画像を投稿できないように制限をかけさせて頂きました。(わいせつ画像のアップロードなど今後さらに悪質な投稿を確認した場合は、大会ルールではなく日本国法に準拠して対応いたします。)誠に遺憾ではございますが、上記のような大会にそぐわない投稿が多く見られたため、フリートークチャンネルを削除いたしました。

 

●大会参加条件のパスポート取得について
本大会の上位4チーム16名は、『PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017』に招待されるため、パスポートの取得を大会参加条件とさせていただきました。その後、パスポート取得期限までの短さが大会参加の障壁となっているとお客様からお問い合わせ頂いたため、再度Bluehole INC.と協議し、パスポート取得までの最短期間を考慮し改めて日時を決定致しました。しかしながら、いずれにせよ取得に関する日程が短期間となってしまう結果となったことは、運営チーム一同の事前準備の至らなさに起因しております。次回開催時にはスケジュールについて今一度再考し、お客様に余裕をもってご参加いただけるよう対策を取ってまいります。

 

■22日の決勝戦へ向けての各種変更点


15日の反省点をふまえて、以下の方針を予定しております。
・余裕を持ってサーバーへ接続して頂くため、20分前に接続開始していたところを試合開始30分前接続開始に変更致します。
サーバーへ接続してスロットへ4人揃っている時点でチェックイン完了と致しますが、30分以上接続していると自動でサーバーから切断されてしまうエラーを確認しているため、
15分前に一度サーバーを再構築致します。その後もチェックイン確認作業を続け、試合開始5分前に一度リフレッシュボタンをクリックしてサーバーへ再接続して頂きます。
試合開始時刻になった時点でサーバーロックを掛けますが、ロックを掛けた際にクライアントが切断されるエラーも確認しているため、
切断された選手が戻れるように、試合開始時刻までロックを解除致します。試合開始時刻を5分過ぎた時点で最終ロックを行い、試合を開始致します。
オブザーバーにより試合開始がされた際に出場選手側でクライアントクラッシュやサーバーから切断された場合は最大3回までサーバーの再構築を行います。
・Bluehole INC.と協議し、ESLと同じように最初の島から飛行機が飛び立った際に個別のお客様のPC上でゲームがクラッシュしたりサーバーから切断されたりした場合は、そのまま試合を続行することに致します。
・15日と同様に飛行機が飛び立った際にオブザーバーから大会チャンネルを通してその試合が有効か無効かのアナウンスを行います。
ただしオブザーバーがサーバーから切断されてしまった場合、試合結果を確認できなくなるため試合有効のアナウンスの後に無効試合とする場合がございます。
・登録選手をリザーブの選手と変更する場合は10月22日(日)の13:00までに大会チャットの #change まで所定のテンプレートを用いてご連絡下さい。ご連絡が無い場合は、リザーブ選手への変更は以降認められませんのでご注意ください。
※上記変更点につきましては関係各所と現在も協議を重ねており更に変更される場合がございます。その際は大会チャットでご連絡致します。

 

■最後に


本大会は日本国内における最強チームを選出するために、DMM GAMESが運営チームとして主催運営しオペレーション業務のみを株式会社JCGに委託して実施した大会となりました。9月25日(月)にBluehole INC. から「PUBG ASIA INVITATIONAL at G-STAR 2017」が開催される連絡を受けた後、大会へどのようにして日本チームを送り出すのか関係各所と協議致しました。 日本代表チームを決定しなければならない期間まで約14営業日という短い期間ではありましたが、日本代表決定戦を実施し、国内最強チームをアジア大会へ送り出したいという思いから、本大会を開催する運びとなりました。

しかしながら運営チームの認識の甘さが原因となり準備期間が十分に取れなかった事と、サーバーの不具合や不安定なカスタムサーバーでの試合実施により、大会にご参加いただく全てのお客様に大きな混乱を与えてしまいました。

 

Bluehole INC.より、サーバー上の不具合やカスタムサーバーの不安定さに起因する問題についてお客様方にお詫びいたします。
運営チームより、大会ルールや運営上のオペレーティングで発生したミスについてお客様方にお詫びいたします。

 

本大会開催にあたり、皆様から頂いたご意見ご要望は運営チームとして真摯に受け止め、今後のイベント運営に活かしていきたいと思います。PUBGをお楽しみいただく日本プレイヤーの皆様と協力して、コミュニティを更に盛り上げて大きくしていきたい思っておりますので、今後も至らぬ点などあればご指摘いただき、引き続きPUBGをご愛顧いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。